仕事考 仕事とは整理なり

仕事とは,平凡なことの積み重ねである。仕事を始めたときのことを思い出してみる。医者の場合,研修医から始まる。患者から薬が切れそうだ,この検査結果の説明を,と要求される。上級医からあれをやっておけ,この薬を出しておけ,と指示される。看護婦からあれをやってほしい,この指示はどうするの,と急かされる。このような状況は,その後も大きくは変わらない。上級医になったとしても,さらにその上の人から別の仕事の指示が出るのだ。研究者も同様。ビジネスマンにしても同様だろう。指示されたことができていないと,当然だが,叱責される。つまり,仕事では,いかに日々のルーチンワークを確実にこなしていくかが大切なのである。雑事の処理がきちんとできなければ仕事が進まないし,それをできる人がまずは「仕事ができそうだ」という評価の一歩目を踏み出すことができるのだ。顧客からも(医師の場合患者から),上司からも,である。

西村晃氏は著書『情報整理術(成美文庫)』の中で「仕事は整理だ」と述べる。最近,私もつくづくそう思うようになってきた。一つ一つ仕事を片づけていくことが,実は「整理すること」になっている。仕事の整理,モノの整理をすることにより,自分のやるべきこと,やり終えたこと,やり残したことが明らかとなり,次なる戦略を練っていくことになる。つまり,それは西村氏のいう「頭の整理」に他ならない。

学生時代からやりたいことがたくさんあった。「モバイル考」の前書きにも書いたように,医師となってからはますますやりたいことが増えた。やりたいことが増え,仕事が増えると,モノが増え,情報が増え,交際(人脈)が増えてきた。その結果,時間が不足し,モノや情報の整理がつかなくなり,混乱が生じた。それでも仕事は休みなくやってくる。そして,混乱に拍車がかかる…。

このような状況を打開したく,さまざまな整理法の本や時間管理の本を読みあさった。内容はよく理解できた。しかし,現実は本に書かれているようにはうまくいかないのだ。仕事の予定を組んでも緊急事態(患者の急変など)が起こり,予定は滅茶苦茶になる。自分の意志の弱さも手伝って,どうしても物事が予定通りに進まない。酒に誘われれば,しょうがないと(実は喜んで?)付いていく。そうしているうちに,時間だけが過ぎていった。

最近になって,ようやくこれらの整理がつくようになってきた。情報,時間,人脈,そして仕事。いずれも整理することの重要性を,遅まきながらようやく認識するようになってきたのだ。

ここでは,これまでに私が得てきたものを紹介しながら,どうすれば目の前に山積した仕事を整理することができるのか,ということを考えてみたい。

(平成14年5月22日)

<内容>

1.情報の整理

 1)整理すべきはアウトプットに役立つ情報

 2)インターネット上の情報はすべて役立つか? 〜アウトプットに応じた情報入手と整理〜

2.机の整理

3.人脈の整理

4.モノの整理

5.仕事の整理とは…頭の整理〜戦略を練る〜